ページ

2016年1月25日月曜日

総勘定元帳に対応した会計システムの機能と、導入するメリットについて、教えてください。


総勘定元帳に対応した会計システムの機能と、導入するメリットについて、教えてください。
総勘定元帳ができるソフトを検討していますが、 インストールなどが簡単で、値段が手ごろなソフトがあれば教えてください。



会計・経理のフリーソフト、情報や参考資料をまとめたサイトです。
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/gyoumu/kaikei2.htm
このサイトでは、 仕訳日記帳の入力から、総勘定元帳、補助元帳、貸借対照表、損益計算書を作成 現金・預金の振替仕訳から、現金出納帳・預金出納帳、残高試算表を作成 などの、フリーソフトが参考になります。

 総勘定元帳に関する資料の作成などは、企業の財務分野においては非常に重要なことです。 しかし、それだけのために専門の人員を置くというのはリソースの無駄遣いになってしまうでしょう。
 そこで必要とされているのが会計システムの導入です。 総勘定元帳を管理するシステムを導入することにより、これまで煩雑だった資料の整理などが簡単に扱えるようになり、 各財務分野との連携が容易になります。
 会計処理にかかるリソースを有効に活用するためにも、システムを導入することに大きな意味が出てくるでしょう。

 経理システムを導入する時の課題としては、何が必要で何が不必要なのかを判断することです。
 総勘定元帳には財務会計仕分や管理会計業務に必要なデータが記載されていますが、 このデータをどれだけ扱えるのかは導入するシステムで異なってきます。 多くの会計システムの場合、財務会計や管理会計に特化した機能をもたせたバージョンなどが販売されており、 それらを上手に利用しなくてはいけません。
 少ない経理データからでも判断できるという人もいるかもしれませんが、 利便性を考えた時には、総勘定元帳にも対応した経理システムが必要になってくるでしょう。

 スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿